LOADING

AGAは放っておけばどんどん進行していきます。深刻な薄毛の悩みを改善するにはAGA治療薬のプロペシアという薬があります。今ではジェネリック医薬品も販売されていますので、薄毛やプロペシアについての知識を当サイトで学びませんか?

更新履歴

男性の抜け毛や薄毛はAGA(男性型脱毛症)と呼ばれ、原因が独特であるため根本を治療しなくては進行を食い止めることはできません。
そのため、近年では専門のクリニックも登場してきました。
治療では、AGAに効果的な医薬品を使用して抜け毛の進行を食い止め、発毛を促す方法がとられます。その治療に使用される薬に「プロペシア」と呼ばれるものがあります。
プロペシアは、抜け毛を引き起こす根本の原因にアプローチしていくため、使い続けることで徐々に実感できる効果を得ることができます。

また、最近ではプロペシアの主成分と同じ成分を使用した、ジェネリック医薬品も登場しており、薄毛で悩む男性の大きな味方となっています。
そこで、今回はプロペシアとそのジェネリック医薬品について、どのような点が異なるのかを見ていき、自分に合った治療法として役立てましょう。

AGAってどんなもの?

AGAとは、Androgenetic Alopecia の略で、男性型脱毛症のことです。
成人男性のうち30代後半~50代で発症率が高く、最近では20代~30代前半の若い世代でも発症率が増加傾向にあります。
男性型脱毛症の場合、一時的な脱毛症とは原因が異なるため、放置しているとどんどんと症状が進行していき、頭皮が目立つようになってしまいます。

髪の毛が抜け落ちるのは1本1本に寿命があるからであり、1本ごとに毛周期と呼ばれる一定の成長サイクルに従って伸びていき、やがて抜け落ちていきます。
そのため、シャンプー時などで抜け落ちた髪の毛は寿命によって抜け落ちたものなので、特に気にする必要はありません。

正常な毛周期は、成長期(早期・中期・後期)~退行期~休止期というステップを経て、再び成長期を迎え新しい毛髪が成長していきます。
正常なサイクルでは、成長期が2年~6年程度あり、ゆっくりと育っていきます。
しかし男性型脱毛症の場合は、成長期が数か月~1年程度と極端に短くなってしまい、完全に成長する前の早期成長期から退行期へと移行してしまいます。
すると、伸びた毛髪がどれも細く、すぐに抜け落ちてしまうほど弱々しいものばかりとなります。
どうして成長期が極端に短縮されてしまうのかというと、それは男性ホルモンの一種であるDHT(ジヒドロテストステロン)が正常な毛周期を乱しているからです。

このDHTは、元々は胎児の男性器の外部形成に関わる重要なホルモンですが、男児が成長し思春期を迎えるころになると、厄介なホルモンへと変わってしまいます。
例えば、思春期の男子にはニキビが多い子がいますが、これはDHTが関係しています。
他にも、前立腺肥大症にも関わっているとされています。
DHT(ジヒドロテストステロン)は、もともと存在する男性ホルモンではなく、テストステロンと呼ばれる男性ホルモンが、5α-リダクターゼという酵素と結びついた際にできる代謝物です。
DHTの作用によって毛髪の成長を司る毛母細胞の活性が低下するため、毛髪が生えても十分に成長することができず、短期間で抜け落ちてしまうわけです。

男性型脱毛症のタイプ

男性型脱毛症は主に前頭部と頭頂部が抜け落ちるタイプが多く、後頭部と側頭部が抜け落ちるタイプは少ないです。
これは、頭部の場所によって異なる型の5α-リダクターゼが存在しているからです。
発症率の高い前頭部と頭頂部には2型の5α-リダクターゼが存在し、発症率の低い後頭部と側頭部には1型の5α-リダクターゼが存在しています。
そして、それぞれ2型のDHT、1型のDHTを作り出します。
2型と1型の5α-リダクターゼが、毛乳頭細胞に存在する男性ホルモンの受容体に結合することで脱毛を促進させるタンパク質を生成します。
これによって毛髪の成長サイクルと極端に縮めてしまい、細くて弱々しい毛髪を作り出してしまうわけです。

プロペシアという医薬品がAGAに効く

AGA(男性型脱毛症)の治療では薬剤療法が広く利用されており、薬剤の種類によってその特徴や効果が違っています。
男性型脱毛症では、抜けてしまった髪を生やすことだけでは改善させることはできません。
なぜなら、発毛促進を目的とする治療薬だけでは、DHTを作り出す5α-リダクターゼを阻害させることができないため、抜け毛を食い止めることができないからです。
そのため、AGA治療では5α-リダクターゼを阻害する「プロペシア」と呼ばれる医薬品が効果的です。
プロペシアは、アメリカ・ニュージャージー州に本社を置く世界的製薬会社のメルク社が開発した抗男性ホルモン剤です。
主成分である「フィナステリド」が、男性型脱毛症の原因である2型の5α-リダクターゼを阻害し、DHTに変化するのを防ぐ役割を果たします。

フィナステリドは、初めからAGA治療薬として開発されたわけではありません。
1991年の開発当初は、前立腺肥大症を改善させるために開発されました。
その後、1mg低用量で使用することで、男性型脱毛症の患者の頭皮に毛髪の成長が確認された為、新たにAGA治療薬としての開発が行われました。
そして、1997年12月にフィナステリドを主成分とする治療薬がアメリカで認可されました。
その効果は一気に世界中に広まり、現在では60か国以上で承認され、利用されています。
日本では、2001年からその安全性や副作用の発現率などを調査するため、幾度も臨床試験が重ねられました。
2003年には厚生労働省へ承認申請を行い、2005年10月に承認され、2005年12月より処方薬として国内販売が開始されました。

プロペシアの個人輸入

プロペシアは個人輸入を利用すれば通販で購入することができます。

プロペシアを通販することのメリット

プロペシアを通販することのメリットとは
  • 病院と違い「診察代や交通費」がかからない
  • 「時間を取られない」ので続けやすい
  • 薬そのものの「価格も安い」場合が多い
  • 「まとめ買い」ができるのでその分さらに安く済む
  • 「バレずにAGA治療」ができる
などが挙げられます。

プロペシアを通販することのデメリット

反対にプロペシアを通販する場合には気をつけなければいけない点もあります。
個人輸入は「海外から」の輸入になります。
日本人が運営しているサイトなどであれば基本的には問題はないとは思いますが下記点に注意をしましょう。
  • 個人輸入のみならず通販では「届かない」などのトラブルが起こることがある
  • 全く効果のない「偽物」を販売している業者もある
  • 商品到着までに「時間がかかる」ことがある
  • 副作用など含め全て「自己責任」になる
などについては、通販で購入する前に確認しておきましょう。

プロペシアのAGAに対する効果は臨床試験でも立証

プロペシア1mgの効果は、国内で実施された臨床試験によって立証されています。
20歳~50歳までの中・軽度のAGA患者に対して実施された試験データによると、プロペシア1mgを1年間投与した場合には改善効果が58%、2年間投与した場合には68%、3年間投与した場合には78%という結果が出ています。
この結果からも、継続使用するほどに改善されていくのが分かります。
更に、プロペシアには改善された頭皮環境を現状維持させる効果も認められており、1mgを1年間投与した場合には40%、2年間投与した場合には31%、3年間投与した場合には20%の現状維持が認められています。
改善・現状維持の2つのデータを合算すると、プロペシア1mgは98%以上の高い確率で有効であるという結果になります。

服用するには、医師の診断が必要となります。専門クリニックを受診し、問診票の記入と医師の診断を受けることで処方されるのが一般的です。
なお、費用は健康保険適用外となるため自費診療となり、1セット28錠入りでおよそ6,500円前後~となります。
AGA治療は、薬を飲み終われば症状が改善できるわけではなく、長期にわたり使用し続けることで徐々に改善されていくものです。そのため、継続使用が基本となります。

フィナステリドの効果

プロペシアの主成分であるフィナステリドは、大西洋岸平野からメキシコ湾岸低地が原産のノコギリヤシと呼ばれる植物から抽出されたエキスが原料となっており、そのノコギリヤシエキスを化学合成させて作り出した成分です。
現在のAGA治療では欠かせない有効成分の一つとなっています。

男性型脱毛症を引き起こす男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)は、5α-リダクターゼ2型が作り出します。
しかし、フィナステリドはその5α-リダクターゼが、毛母細胞にある男性ホルモンレセプター(受容体)と結合するのを阻害する働きをします。
これにより、DHTの生成を防ぐことができ、毛周期の成長期を短縮化させるのを阻止します。
毛髪が健康に育つためには、早期・中期・後期と続く成長期を経て数年かけて成長することが大切です。
フィナステリドは、原因物質を阻害して毛周期の短縮化を阻止することができるため、男性型脱毛症の改善に有効と言えます。

フィナステリドを主成分とする治療薬は内服タイプが主流ですが、外用タイプでも改善効果があります。
ただし販売されているのは内服タイプで、経口投与の方が血液に浸透して毛根まで到達し、素早く5α-リダクターゼを阻害することができます。
5α-リダクターゼの阻害薬として大変有効ですが、副作用も少なからず報告されています。

フィナステリドの副作用

主な副作用としては、性欲減退・ED(勃起機能障害)・精子減少などがあります。
しかしながら、その発現率は非常に低く、性欲減退が1.8%、ED(勃起機能障害)が1.3%、精子減少が1.1%となっています。

臨床試験では、まったくAGA改善作用のない偽薬であるプラセボの副作用発現率とも比較しており、プラセボの試験では性欲減退が1.3%、EDが0.7%、精子減少が不明という結果が出ています。
フィナステリドの結果と比較してもほとんど変わらないことから、その副作用発現率は極めて低いことが分かります。
また、頻度は不明とされていますが、肝機能障害という重大な副作用も起こり得るとされており、特に様々な機能が低下している高齢者や、肝臓に何らかの障害がある人は医師に相談するなど、注意が必要となります。

男性にとってAGAと同じくらい辛い症状に、ED(勃起機能障害)があります。
実際、男性型脱毛症でクリニックを訪れる患者さんの中には、フィナステリドの副作用の一つであるEDを心配する人も多いといいます。
インターネットなどの情報では、副作用の発現率よりも起こりうる症状を大きく取り上げ、いかにもフィナステリドが危険なものだと伝えているサイトがありますが、そのような情報を鵜呑みにすることは避ける必要があります。
特に副作用でEDを心配している人の場合、フィナステリドの副作用ではなく心因性EDを引き起こす可能性があります。

日本で販売を開始するまでには、幾度も臨床試験を重ね、安全性が認められたことから販売ができるようになっています。
そのため、正規で購入したプロペシアならば安心して使い続けることができます。

ジェネリックってなに?先発医薬品との違いは?

プロペシアの効果を実感できるまでには、個人差はありますが最低でも半年以上使い続ける必要があります。
しかし、AGA治療薬は薬価基準未収載の薬であるため、健康保険の適用外となり自由診療となってしまいます。
従って、薬代だけでも1セット(28錠入り)6,000円~7,500円程度と非常に高額になります。
そのため、患者さんの中には費用が高額となるため治療をしたくてもできない、または継続できずに止めてしまう人もいます。
これでは、進行を食い止めることができないため、薄毛の範囲がどんどんと広がってしまいます。

そこで救世主となるのが、プロペシアのジェネリック医薬品です。
ジェネリック医薬品とは、先発医薬品であるプロペシアの後発医薬品であり、開発した製薬会社が持っていたフィナステリドの特許期間の満了後に、他の製薬会社が同じ主成分・同じ効能で製造した治療薬のことです。
ジェネリックの大きな特徴は、先発医薬品と同等レベルの効能が得られるのにも関わらず、とても安価で購入できるところにあります。
そのため、長期服用が必要なAGA患者の中には、プロペシアからジェネリックに移行する人も多くいます。

先発医薬品がどうして高額なのかというと、症状の改善に有効な成分を開発するため、気が遠くなるほどの時間を掛け、さらに開発・研究に莫大な費用を掛けて行われているからです。
人体への副作用発現率が高いものは販売することができないため、開発しては臨床試験を行い、副作用を減らすために研究を重ね、開発・試験を繰り返すことで有効成分が生まれます。
そのため、先発医薬品を販売する際には、これまでに掛かった研究・開発費用が加算されるため、高額となってしまうわけです。

プロペシアジェネリックの主成分は先発医薬品と同じ

一方、後発医薬品であるジェネリックは、先発医薬品があるためその主成分を開発する必要がないので、製造・販売に多額に費用が掛かりません。
従って、価格に開発・研究費用が加算させることがなく、薬本来の価格で販売でき、安価で購入できるというわけです。
先発医薬品と比べると、あまりにも価格に差があるため使用するのも心配になってしまう方もいることでしょう。
しかし、ジェネリックに使用されている主成分も、プロペシアと同じフィナステリドであり、得られる効能にも差はありません。

では、プロペシアのジェネリックはどうやって購入すれば良いのでしょう。現在、日本ではジェネリックの製造・販売は承認されていないため、輸入代行業者に依頼して海外から輸入することになります。
輸入ならば医師の処方もいらないため、誰でも簡単に購入することができますが、その分偽物を購入してしまったというトラブルも多く発生しています。

偽物を服用してしまうと、本来ならば起こることのない副作用が起こってしまったり、様々な副作用の発現率が高くなる可能性もあります。
プロペシアのジェネリックを輸入する場合には、信頼のおける輸入代行業者を利用して購入するようにしましょう。

TOP