LOADING

AGAは放っておけばどんどん進行していきます。深刻な薄毛の悩みを改善するにはAGA治療薬のプロペシアという薬があります。今ではジェネリック医薬品も販売されていますので、薄毛やプロペシアについての知識を当サイトで学びませんか?

プロペシアのジェネリック一覧

継続して服用を続けることで脱毛予防にかなりの効果が期待できる薬、それがプロペシアです。
元々は前立腺肥大・前立腺がんなどの治療薬として利用されていたのですが、服用を続けることで脱毛を予防できるだけでなく毛髪を強くして、毛の量を増やすこともできることが分かり、今ではAGA治療薬として有名です。
とはいえ、プロペシアの服用をやめてしまえばまた薄毛は進行していきます。まだ現代医学では薄毛を完治させるだけの薬はできていないのです。
ずっと服用を続けなければならない以上は、プロペシアのような先発医薬品は経済的負担が大きいです。

先発医薬品にはプロペシアを作り出すのにかかった開発費や販売費もすべて費用として含まれているからです。
おすすめはジェネリック医薬品です。成分としてはプロペシアと同じフィナステリドが入っています。
そのため同じように効果を得ることができます。
それでいてジェネリックの場合、すでに先発医薬品の特許期間が過ぎてから作られているものだからこそ開発費などは含まれていないのです。ずっと安く手に入れることができます。

プロペシアは世界60カ国以上で承認されている知名度の高い薬です。そのためさまざまな国でジェネリック医薬品も作られています。
フィナロやフィンカー・フィナックスなどインターネットサイトを調べてみると様々な国で作られた製品が一覧で並んでいます。
どれもがジェネリックである以上はフィナステリドが入っています。ただそれらの製品の精巧さはピンきりです。
日本ではジェネリック医薬品の承認基準がとても厳しいのですが、海外だと基準がとても甘い国もあるからです。
インドではジェネリック医薬品という名は付いていながらも実際には模倣品に近いようなものまであるくらいです。
効果の高いプロペシア、ただネックとなるのが費用面だけだからと安易にジェネリック医薬品に手を出すのはやめて、選び方に注意しなければなりません。

数種類あるジェネリックの中からの選び方

日本生まれのジェネリック品はある程度信頼できるものです。とはいえ、質がよい分お値段の方はそれほど安くなっていないという現状があります。
ずっと続けるからこそ安さも重要視したいというのなら、口コミ評判などを参考に選び方に注意して海外のものを個人輸入などで手に入れるしかありません。

プロペシアのジェネリック選びが重要視されるのは、効果が強い反面副作用の危険性も強いからです。
頭痛や腹痛・下痢・眠気といった医薬品ならではの症状もありますが、それ以外に男性機能の低下を引き起こされる可能性もあるのです。
服用を続ける中で勃起機能不全や射精障害・精液量の減少といったことが起こることもあります。
服用をやめればすぐに症状が改善されるのであればいいですが、場合によっては服用をやめても副作用がずっと続くこともあるのです。

妊活をしているのであれば服用は避けた方がよいでしょう。
脱毛はストップしても自身の遺伝子を残すことができなくなったら大変です。
男性だけでなく、女性・特に妊娠中や授乳中の方にとっては禁忌薬とされています。
男性用のAGA治療薬なのですから服用することはないでしょうが、もしも触れてしまっただけでも皮膚から成分が入って胎児に大きな影響を与えてしまうのです。

効果の高い薬として評判が高いプロペシアですが、その分、副作用もとても危険です。
だからこそ決して安さだけでジェネリックの一覧の中から選び出すのはやめた方がよいです。
商品によってはプロペシアであることが分かりにくいパッケージとなっているものもありますが、パートナーが触れたり服用してしまうことのないよう取扱にも注意しましょう。なにかあれば自己責任となります。

TOP