LOADING

AGAは放っておけばどんどん進行していきます。深刻な薄毛の悩みを改善するにはAGA治療薬のプロペシアという薬があります。今ではジェネリック医薬品も販売されていますので、薄毛やプロペシアについての知識を当サイトで学びませんか?

月別: 2017年11月

プロペシアジェネリックのエフペシアの服用方法

プロペシアはアメリカや日本をはじめ世界的に高い評価を受けており、今ではAGA治療薬の定番ともいえる存在となりました。 エフペシアはそのプロペシアと同じ「フィナステリド」を主成分とする後発品(ジェネリック)です。 フィナステリドは国内の臨床試験において、被験者の約78%に発毛や育毛など何らかの変化がみられたというデータがあります。 エフペシアの有効成分もプロペシアと同じフィナステリドであるため、臨床試験で証明されている効果と同じ効果を得ることができると考えられます。 そしてジェネリックの一番のメリットは、研究や開発にコストがかからないため価格が大幅に抑えられる点です。 エフペシアはプロペシアと同じ効果がありながらプロペシアよりもずっと安い値段で手に入れることができるため、多くの国で普及することとなりました。 エフペシアは基本的な成分がプロペシアと同じであるため、服用方法も同じです。 エフペシア一粒に含有されているフィナステリドの量は1㎎で、これは1日の摂取上限量でもあります。 一度にたくさん摂取すればその分効果が高くなるわけではなく、1日1錠決まった時間に服用することが重要です。 この理由を知るにはまず、フィナステリドの作用と薄毛のメカニズムについて理解する必要があります。 フィナステリドが薄毛に効果が期待できるのは、薄毛を進行させる男性ホルモンを抑える働きがあるためです。 男性ホルモンの約9割はテストステロンと呼ばれるいわゆる善玉男性ホルモンです。 このテストステロンが5αリダクターゼという酵素と結びつくことで、ジヒドロテストステロンという別の男性ホルモンへと変化してしまいます。 ジヒドロテストステロンが前立腺肥大やニキビ、AGAなどを引き起こす男性ホルモンです。 フィナステリドは5αリダクターゼを抑制し、ジヒドロテストステロンの増殖を抑えます。 5αリダクターゼは常に分泌される酵素であるため、これを抑えるためには血中のフィナステリドの濃度を一定に保つ必要があるのです。 エフペシア服用で効果が出るのはいつ? エフペシアはそのほかのAGA治療薬と同じように、即効性が見込める薬ではありません。効果が実感できるのはいつなのでしょうか。 冒頭で説明したフィナステリドの臨床試験は、3年間の投与による数字です。つまり、3年服用し続けて8割程度の人に変化がみられたということになります。 しかし、これは別に3年間続けなければならないということではありません。1年より2年、2年より3年といった具合に服用期間が増えるほど効果が出ているということです。 個人差はありますが3ヶ月~6か月程度で変化を感じる人が多いため、少なくとも半年間は継続して服用する必要があるとされています。 悪玉男性ホルモンと呼ばれるジヒドロテストステロンがAGAを発症・進行させるのは、ヘアサイクルを乱し髪の成長を阻害するためです。 ヘアサイクルが一周するのにかかる年数は2~6年といわれています。 ジヒドロテストステロンを抑えヘアサイクルが正常な状態に戻ったとしても、新たに髪が生えるまでにはある程度の時間が必要なのです。 このようにエフペシアなどのフィナステリド製剤は、長期服用して効果が発揮されます。 いつになったら髪が生えるのだろうと不安に感じるかもしれませんが、それだけ長い目で見る必要があることを理解し根気強く治療に取り組むことが大切です。 そして長く続けるためには、続けることができる価格かどうかも重要になります。 そういった意味でもエフペシアは薄毛対策の一つの選択肢になり得るのではないでしょうか。 またエフペシアは正しい服用方法を守って使用すれば、副作用の心配も少なく身体への負担も低い薬でもあります。 あせらず1日1錠の服用を守り、薄毛や抜け毛の改善にぜひ役立ててください。

もっと読む »

プロペシアジェネリックはフィンペシアが人気

薄毛や抜け毛には数多くの治療薬が登場していますが、中でも効果が高いとして人気を集めているのがフィンペシアになります。 これはAGAの治療薬として人気を集めているプロペシアのジェネリック医薬品として開発された治療薬になるので、基本的にはプロペシアとフィンペシアは同じ効果を持つ治療薬になります。 そんなフィンペシアですが有効成分はプロペシアと同様にフィナステリドで約1mgの量を含んでいます。 このフィナステリドは「男性型脱毛症診療ガイドライン」においても最も効果が高いとされているので、当然それを主成分としているフィンペシアは効果の高い治療薬ということになります。 具体的なフィンペシアの効果ですが、そもそもプロペシアのジェネリック医薬品になりますので効果はほとんど同じになります。 と言うのもジェネリック医薬品とは、新薬として発売された開発品の特許期間が満了した後で発売される薬のことで、成分は新薬とほとんど同じで後発薬などとも呼ばれています。 そんなフィンペシアにはII型の5α還元酵素を抑制する働きがあるので、その働きによって発毛を阻害する成分であるDHTの生成を抑制してAGAによる薄毛や抜け毛を予防することができます。 ですので、効果としては直接的に発毛や育毛を促すというよりも、薄毛や抜け毛の原因を取り除くことで正常な発毛と育毛を促進させるというものです。 これほど効果の高い治療薬になるので、当然副作用が発生することもありますが、それもプロペシアと同じような副作用になります。 具体的には性欲減退や勃起不全、精子減少などが発生する恐れがあります。 しかし、基本的には副作用の発生頻度は非常に低く、さらには発生しても症状は非常に軽度なものになるので過剰な心配をする必要はないでしょう。 このようにプロペシアのジェネリック医薬品であるフィンペシアはAGAの治療薬として非常に効果が高く、日本でも使用している方は多いですがプロペシアとの違いも実は存在しています。 フィンペシアとプロペシアの価格の違い プロペシアとフィンペシアは含まれている成分にほとんど違いがありませんが、そんな中でも2つの薬には違いと言うのも存在していますので、その点についても理解を深めていく必要があります。 具体的な違いとしては価格になります。 プロペシアの価格は1箱に28錠の薬が入っていて5,500円程度であるのに対してフィンペシアの価格は1箱に100錠も薬が入っているにも関わらず2,000円程度で販売されています。 ちなみに1錠当たりの価格で見てみるとプロペシアの場合は1錠当たり平均230円となっていて、フィンペシアの場合は1錠当たり30円程度で手に入れることが可能です。 また、フィンペシアの場合には個人輸入代行業者から購入することになりますが、プロペシアを病院で処方してもらおうとすると診察料もプラスされるので8,000円ぐらいの費用がかかる可能性もあります。 では何故、プロペシアとフィンペシアは同じ成分であるにも関わらず、これほどまでに価格に違いが生まれるのか、その理由を見ていきましょう。 フィンペシアはプロペシアのジェネリック医薬品として開発されたのですが、そもそも新薬であるプロペシアは長い年月と費用を使い臨床試験などを繰り返して、その効果や安全性を実証する必要がありました。 すると、発売までに莫大な費用がかかるので、その費用を回収する為に販売価格を高くする必要があります。 しかし、新薬も一生涯特許が続くわけではなく一定期間を過ぎると特許期間が満了して、その作り方などを一般に公開するようになります。 他の製薬会社でも同じ成分を使用して新たな薬を製造することができるようになるというわけです。 そして、新たな薬は新薬の開発の時点で臨床試験を繰り返し、効果や安全性が確認済みなのでそれらの費用が削減できます。 その結果としてジェネリック医薬品であるフィンペシアはプロペシアよりも低価格で入手できる仕組みになります。 ただしフィンペシアは日本国内における正規の輸入ルートがない為、入手するにはフィンペシア通販サイトなどを介し個人輸入代行業者から購入する必要があり、中には偽物を販売している業者もあるので、その点は注意が必要です。

もっと読む »

TOP