LOADING

AGAは放っておけばどんどん進行していきます。深刻な薄毛の悩みを改善するにはAGA治療薬のプロペシアという薬があります。今ではジェネリック医薬品も販売されていますので、薄毛やプロペシアについての知識を当サイトで学びませんか?

月別: 2018年1月

猫っ毛は将来ハゲになる!?その真相とは

人によって髪の毛の太さは異なり、比較的髪質が柔らかく猫っ毛と呼ばれる髪質をお持ちの型は毛質が太い方に比べると将来ハゲやすいというイメージを持っている方は少なくありません。 髪の毛はキューティクル 、コルテックス、メデュラの3層によって構成されています。 髪質の太い方はコルテックスと呼ばれる線維状のたんぱく質が多い場合が多く、反対に猫っ毛と呼ばれる細い髪質の方はコルテックスの量が少ない特徴があります。 また毛質の太さや細さは遺伝によって決まっているため、本当は猫っ毛だからこそハゲやすかったり髪が抜けやすくなるということはありません。 ただ猫っ毛は毛質が太い方に比べて髪全体簿ボリュームが少なく見えてしまう恐れがあり、頭皮が見えやすくなることでハゲてしまったと感じてしまうなどの視覚的な問題があります。 また、猫っ毛は毛質上髪の毛が絡まりやすくなっているので、毎日のヘアケアだけでも摩擦を起こして痛みやすい傾向にあるため、将来頭皮や髪質にダメージを残したくないという場合には毎日のヘアケアに注意をすることが重要になります。 髪質が細い方の多くは、髪全体のボリュームを自然に出す方法としてパーマを取り入れたヘアスタイルをする方は増えてきています。 しかし細い髪質はパーマの施術を受けても長く持ちにくい特徴があったり、帽子をかぶってしまうとせっかくカールさせた髪質がぺしゃんこになってしまうなど普段の服装やヘアスタイルにも注意をする必要があるのです。 パーマは期間を空けて定期的に施術を受ける事がヘアダメージを減らすためにもとても重要になってきます。 パーマの持ちが悪いからと言って短い期間で何度もパーマをあててしまうとヘアダメージが蓄積しやすくなってしまったり、ヘアアイロンやドライヤーを利用してカールさせるヘアスタイリングを繰り返すのもダメージの原因となります。 無理に髪全体のボリュームをアップさせるよりも髪質に本当にあっているヘアスタイルを模索することが大切です。 どんどんと髪が猫っ毛になっていったら注意が必要 元々の髪質が猫っ毛の場合は、遺伝なので過度にヘアダメージとなるパーマやカラーリング、間違ったヘアケアを行わない限り抜け毛による薄毛の心配をする必要はありません。 しかし若い頃に比べて毛質がどんどん細くなり猫っ毛に近い状態になってしまったという場合は、普段のヘアケアを一度見直すなど頭皮ケアや頭髪ケアを改善しないと抜け毛や切れ毛による薄毛トラブルが起こりやすくなってしまう危険があります。 一般的に年齢に合わせて毛質には変化が訪れると言われており、生まれた時が一番髪質が柔らかい状態で、約14~24歳までどんどん太くなり、20歳をピークとして毛質が太くなった後は加齢と共に細くなっていく傾向にあります。 年齢を重ねると頭皮の新陳代謝や血行が悪くなることや、頭皮から分泌される皮脂量が減り乾燥しやすくなってしまいます。 頭皮が乾燥したり血行が悪くなることで髪全体に栄養が届きにくくなると髪が傷んだり、細くなってしまうのです。 そのため若い頃は髪の一本一本が太く、しっかりとしていたのに年齢を重ねるごとに髪が細くなり猫っ毛に近い状態になっていると、頭皮の乾燥が進行し髪に必要な栄養素が届かない状態になってしまっているサインなのです。 このまま放置しておくと抜け毛が進行して頭頂部の薄毛をはじめ、頭皮トラブルが起こりやすくなってしまいます。 普段のヘアケアも頭皮のマッサージをしっかり行うようにしたり、頭皮ケアが行える専用のシャンプーでしっかり汚れをクレンジングして清潔に保つなど、お手入れ自体を改善することで加齢トラブルを抑えることが出来ます。 最近では洗髪後に使用する頭皮専用の育毛剤などを取り入れることで頭皮に刺激を与えて血行改善したり、不足しがちな栄養素を補給することで髪にハリとコシを取り戻すことが可能です。

もっと読む »

TOP