LOADING

AGAは放っておけばどんどん進行していきます。深刻な薄毛の悩みを改善するにはAGA治療薬のプロペシアという薬があります。今ではジェネリック医薬品も販売されていますので、薄毛やプロペシアについての知識を当サイトで学びませんか?

月別: 2018年2月

フケが出るAGA症状ならケトコナゾールがおすすめ

フケには様々な原因が考えられますが、その多くは頭皮環境の悪化であるといえます。頭皮を清潔に保ち、その環境を整えるにはケトコナゾールが効果的です。 ケトコナゾールとは、マラセチア菌などに代表される真菌(カビ)を抑える働きがある医療用医薬品です。 マラセチア菌が増殖することが原因で起こる皮膚炎を「脂漏性皮膚炎」といい、ケトコナゾールはこの脂漏性皮膚炎によく使用されます。 脂漏性皮膚炎はマラセチア菌によって皮膚が炎症を起こしかゆみが生じ、フケが大量に出る病気です。 そして進行すると症状はフケやかゆみにとどまらず、脱毛がおこる恐れもあります。 脂漏性皮膚炎はAGAには直接関わりのない病気です。しかし、かといってAGAと全く無関係というわけではありません。 AGAが発症しやすいひとの特徴として、男性ホルモンが多いということがあげられます。 AGAの原因は遺伝と男性ホルモンであることいわれており、この男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)が過剰になることで薄毛の症状は進行します。 そして男性ホルモンが多いひとは、頭皮の皮脂も多いといわれています。 マラセチア菌は過剰に皮脂が分泌されることにより繁殖すると考えられており、頭皮の脂が多いと脂漏性皮膚炎を発症するリスクが高いといえます。 つまりAGAを発症しやすいひとは、脂漏性皮膚炎にもなりやすいといえるのです。 脂漏性皮膚炎以外の場合でも薄毛が気になり尚且つフケも目立っているなら、フケや余分な皮脂を抑えるなどの対策を早めにとる必要があります。 フケや過剰な皮脂は髪の成長を妨げ、AGAの進行を促すことにつながるからです。 ケトコナゾールには真菌を抑制する作用以外にも、過剰になっている皮脂の分泌を抑える働きもあります。 この働きにより、皮脂過剰やフケを防止し頭皮環境を良好に保つのに役立ちます。 さらに近年、ケトコナゾールには頭皮の皮脂バランスを整えることで抜け毛を減らし、髪を太くする効果があることがわかってきました。 このことから、AGAの治療薬としても注目を集めているのです。 ケトコナゾールは通販で購入すべき 脂漏性皮膚炎の治療以外にも、頭皮環境を整え抜け毛を防止する効果があることがわかったケトコナゾールですが、ドラッグストアなどでその名前を見かけることはありません。どこで購入すればいいのでしょうか。 ケトコナゾールは現在日本では未認可であるため、ドラッグストアなどは販売されていません。国内で購入するには、皮膚科などの医療機関で処方してもらう必要があります。 しかしこの場合、処方はあくまで医師の判断によるため、受診すれば必ず購入できるというわけではないので注意してください。 皮膚科以外では、AGA治療が行われているクリニックなどで取り扱いがあるようです。 医療機関で処方してもらえば安全であるのはもちろん、治療目的であれば3割の負担で済み、安く購入できることもメリットといえます。 このほかに、海外から個人輸入することで入手することもできます。 厚生労働省によって、国内で認可されていない薬を自分で使用するために一定量輸入することは認められています。この場合には処方箋は必要ありません。 直接海外から輸入するのではなく、インターネット通販で個人輸入代行業者から購入する方法が一般的です。 「インターネット通販」と表現しましたが、実際には通販ではなく代行業者が薬の輸入の仲介をしているという形になります。 薄毛やフケで悩んでいることをまわりにはばれたくないひとや、診療時間が合わないなどが理由で医療機関を受診することが難しいひとには便利なシステムです。 しかしこの場合には、副作用などの健康被害が生じたとしてもすべて自己責任であることは理解しておきましょう。 ケトコナゾールを正しく利用し、薄毛や頭皮環境の改善に役立ててください。

もっと読む »

TOP