LOADING

AGAは放っておけばどんどん進行していきます。深刻な薄毛の悩みを改善するにはAGA治療薬のプロペシアという薬があります。今ではジェネリック医薬品も販売されていますので、薄毛やプロペシアについての知識を当サイトで学びませんか?

月別: 2018年4月

薄毛対策になる食べ物と調理法

髪の毛は漢方では余った血からできるものだと考えられています。 その意味するところは体全体に栄養がいきわたっていないと髪にトラブルが出てくるということになります。 薄毛対策をするなら食生活を見直すところから始めてみませんか。 薄毛対策の食べ物としておすすめなのがジヒドロテストステロンの生成を抑制してくれるイソフラボンと亜鉛です。 イソフラボンは納豆、豆腐、お揚げなどの大豆製品にたっぷりと含まれています。 亜鉛は牡蠣、レバー、チーズ、エビ、卵、牛肉などに含まれています。 薄毛によい食べ物として良く知られているのがワカメ、昆布、ひじき、モズクなどの海藻類です。 ぬめりに含まれているフコイダンは髪の毛の材料になるアミノ酸を豊富に含んでいますし、フコイダンは毛乳頭細胞に働きかけて細胞分裂を促進させ、発毛を促してくれます。 毛母細胞の働きを助けてターンオーバーを正常化させるIGF1というたんぱく質も含んでいることから、髪の毛の成長期を延長させて抜け毛や薄毛を減らしてくれるという働きもあります。 北海道でとれるミツイシコンブにはM034と呼ばれるミノキシジルと同じ働きをしてくれる成分が含まれていることで注目されています。 発毛と頭皮の保湿に効果をもたらしてくれます。 海藻類には亜鉛も含まれています。 亜鉛はクエン酸やビタミンCと一緒に摂取すると吸収率が高まりますので、梅干しやフルーツなどと一緒に食べるのがおすすめです。 髪の主成分であるアミノ酸を作り出すためには良質なたんぱく質の食材を食べる必要があります。 たんぱく質が良質であるかどうかはアミノ酸スコアで評価されています。 牛乳やヨーグルト、チーズはアミノ酸スコアでほぼ90点から100点という良質なたんぱく質ですから、髪の元となるケラチンを生成するためにも積極的に食べましょう。 ヨーグルトやチーズはそのまま食べられますから便利ですし、おやつにもなります。 牛乳のおすすめの調理法はスープです。 野菜とコンソメを入れて、卵を入れれば薄毛対策にぴったりの調理法ですし、溶けるチーズを入れればボリュームたっぷりのおかずになります。 シーフードミックスを入れれば亜鉛も取れますから一石二鳥です。 薄毛の人はシャンプーの落とし方にも気を使おう 自分にあったシャンプーとリンスを使うことも薄毛対策の基本です。 頭皮のタイプ別でヘアケア製品は販売されていますから、自分の頭皮タイプがわからなければ美容サロンでおすすめのシャンプーやリンスを聞いたり、肌質や頭皮について聞いてみてください。 頭皮の汚れをきちんと落とすことができて、頭皮に栄養と血液がいきわたるようにマッサージをするように髪を洗い、皮脂を取りすぎないような優しい洗浄成分で保湿効果があることが理想です。 肌や頭皮にあったシャンプーやリンスを使わないと頭皮環境が良くなりませんし、髪の再生サイクルが正常化されづらくなりますし、トラブルが発生してしまってより薄毛がひどくなるということにもなりかねません。 正しいシャンプーやリンスの仕方で髪を洗うことも大切です。 ブラッシングをして、ぬるま湯で予備洗いをして汚れやほこりを取ってから、シャンプーを取りしっかりと泡立ててから、泡でマッサージするように髪を洗います。 直接地肌にシャンプーをつけて泡立ててしまうのでは刺激が強すぎてしまいますし、泡もしっかりと落とし切らないとかゆみやふけ、乾燥、かぶれや毛穴のつまりなどの原因になりますから、しっかりとすすぎをすることも大切です。 リンスは頭皮にはつけないようにして髪の毛だけにつけます。なじむまで時間を数分置いてから、こちらもしっかりと洗い流します。 洗う時間が3分ならすすぎは3倍から4倍の時間をかけて行うのが理想的です。 シャンプーの時にマッサージを行うことで血行促進になり、頭皮を柔らかくすることができるので健康な髪の毛が生えてくるようになります。 頭皮をマッサージをすることで顔のしわやたるみ対策にもなります。

もっと読む »

TOP